上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

13: :2015/12/01(火) 22:55:12.27 ID:
25歳の夏に俺はとあるホテルの客室清掃にバイトで入った
なんで客室清掃を選んだかというと、同世代がいないかつ人と関わるのが嫌になっていたからだ
客室清掃は作業時間は一人でできるので、人と会うのは最初と最後の事務所だけだった
人と関わるのが嫌と書くと厨二っぽく思われるかもしれないが、色々なことが重なり人と関わることが嫌いになっていった
働かないで過ごせたら楽だったが、俺は親とは不仲で今現在も連絡を取っていない、もう10年ほどになるだろう
貯金も尽きて働かざるえなくなった
14: :2015/12/01(火) 23:00:02.22 ID:
清掃大変そう

15: :2015/12/01(火) 23:03:57.13 ID:
入ってみると案の定、ほとんどパートのおばちゃん、おばさんしかいなかった
仕事に関しては若さや器用貧乏なところがあったので、すぐに慣れできるようになった
ババァは俺の教育係に任命されてた人だ
そのとき45歳だったが、もっと若く見え笑った顔が可愛い人だなぉっと思ってた記憶がある
16: :2015/12/01(火) 23:04:40.36 ID:
なんか期待してるよ
17: :2015/12/01(火) 23:06:09.60 ID:
>>14
最初楽かと思ってたけどくそ大変
パートも入ってすぐやめる人も多い
最近は中国人とか韓国人とかが部屋めちゃくちゃにするから大変
象みたいなうんこが便器の上にあったことがあって帰りたくなった
18: :2015/12/01(火) 23:13:27.11 ID:
仕事もできたこともあって(まぁ50とかのおばあちゃんでも出来ることなんだから25の俺にできて当たり前なんだけど)、特に嫌われたり村八分にされたりはなかった
むしろ息子みたいに可愛がってもらっていた
そのなかでもババァはよく俺を可愛がってくれた

ここから少し自分がどういう人間かを知ってもらうために回想に入りたいとおもう
20: :2015/12/01(火) 23:24:18.48 ID:
俺は、生まれてことかた母親の料理を食べたことがなかった
両親ともあまり会話をした記憶はないし、俗に言う愛されていなかったというやつであろう
記憶といえば、よく叩かれていたことくらいだ
そのせいか学校ではおしゃべりだった分、基本的にクラスの中心にいるようなタイプであった
家庭環境のおかげ?で人の顔色を伺うことに長けていた
そのせいか小学生のときから人付き合いは疲れるなぁっと感じてた反面、人と話すのは楽しいとも思っていた
21: :2015/12/01(火) 23:25:20.10 ID:
なんかへんな日本語になっちまった
すまん
22: :2015/12/01(火) 23:27:52.18 ID:
見てるよ
23: :2015/12/01(火) 23:34:09.46 ID:
ちょっと遅い
書き溜めてから立てろよ
24: :2015/12/01(火) 23:36:34.52 ID:
大きくかわったのは大学受験のとき

俺は某私学に合格をして、
それを入学金の振り込みの前日、友達が合格を祝ってくれた
そして次の日、バイトで貯めた入学金を振り込みをしようと思い、机の中にいれてた金を探したがなかった
父親が勝手に部屋に入って使い込んだのだ
俺は父親をはじめて殴った
そのときについてきた友達が音に気づいて、家に入って俺を止めてなかったら俺はどうしていたかわからないくらいキレていたらしい
この一週間後、俺は家を出た
25: :2015/12/01(火) 23:37:17.66 ID:
>>23
すまん
パソコンでかくわ
27: :2015/12/01(火) 23:44:24.91 ID:
家をでてから、そこそこ良いとあるレストランでウエイターをやっていた
顔自体は悪くなかったので、お客さんからの人気もあり、5年目にはチーフになっていた
こういうところで働くと結構女に人から誘われる機会も多いのだが、本気で人を好きになれないでいた
「母親ですら俺をまともに見ないのに他人の女が俺を好きになるわけがない」
っと本気で思っていた
28: :2015/12/01(火) 23:51:15.83 ID:
レストラン内にいろいろあり、俺は店をやめることにした
俺がいなくなってから半年後、店のバイトの殆どがやめ、店が回らなくなったと聞いた
最近食べろぐで見たが閉店していた
29: :2015/12/01(火) 23:54:13.94 ID:
期待
30: :2015/12/01(火) 23:54:23.90 ID:
ここまでで少し俺のことをわかっていただけたと思う
・器用貧乏
・人嫌い
・そのくせ人の顔色を伺うのが得意
くらいに思っておいてくれていい

本章に戻ろうとおもう
31: :2015/12/01(火) 23:55:28.08 ID:
続けて
32: :2015/12/01(火) 23:56:24.72 ID:
どうぞ
33: :2015/12/02(水) 00:00:07.93 ID:
教育係といっても指導は最初の一日だけだ
あとはいわゆるチェッカーという形での指導だった
チェッカーとは、清掃員が入ったあとの部屋がきちんと掃除できているかを確認する人のことである
ババアも俺のいる日に毎日いるわけではないので、数人の人にチェッカーとして入ってもらっていた
チェッカーは人柄がでる
最初のほうは、仕事の項目がすべて完璧にはいっているわけではないので、忘れたりすることはよくあった
Aさんというチェッカーは、それを事細かに注意する
Bさんは、一緒に部屋を回って直すところをその場で教えていく
というように人それぞれでチェックの仕方は違う
34: :2015/12/02(水) 00:08:21.16 ID:
Aさん、Bさんのチェックの仕方は普通である
ババアのチェックもそんな感じであった
ただ少し違ったのが、ベッドに関してだった
AさんとBさんは汚いと直させるのだが、ババアは何も言わず自分で直していた
それがチェッカーとしていいのか悪いのかはわからない(むしろよくない気がしていた)が、
俺は「きっとこの人は俺の見えないところで色々してくれているんだろう」と思った
俺は仕事終わり聞いてみた
俺「ベッド汚かったですか?何個か直してるの見えたので」
ババア「ちょっとねwけど私が直せばいいから大丈夫だよ。ベッドはそのうちきれいになるからきにしないでいいよ」
35: :2015/12/02(水) 00:09:58.57 ID:
ふむふむ
36: :2015/12/02(水) 00:14:07.57 ID:
そんなこといわれてもきになってしまうのが俺だ
次の日から、俺のベッドが直されることはなくなった


そしてこのとき俺は、「この人はやさしい人だからこういうこと山ほどあるんだろうな。
できるだけできる仕事は手伝おう」っと心に決めたのであった
37: :2015/12/02(水) 00:16:54.46 ID:
このとき俺は、
「基本的に人に懐かないんだけどなー俺。あのババアは珍しいな」
くらいに思っていたが、このときから俺はすでに惹かれていたのだろう
38: :2015/12/02(水) 00:17:15.61 ID:
嘘くせ

どうせホテルバイトの話は詳細で国立医学部の描写は省かれるんだろ?
39: :2015/12/02(水) 00:20:42.45 ID:
1年後の夏、ババアが入院することになった
さっきも書いていた人がいたが、客室清掃は結構な重労働なのである
それに夏の気温も相まってババアは倒れた
俺が休みの日の出来事だったため、俺は次の日知った

俺は、仕事に行く気にもなれなかった
「あぁ、明日いってもババアいないんだよなー」
40: :2015/12/02(水) 00:21:51.50 ID:
>>39
医学部受験中の話はかくよ
入ってからの話とか誰が聞きたいんだ?
41: :2015/12/02(水) 00:27:14.65 ID:
>>40


少なくともホテル勤務の話よりは興味あるわ
実習、解剖、国試あたりのエピソードよろ
42: :2015/12/02(水) 00:27:46.10 ID:
だが本当に大変なのはこれからだった
案の定ババアはかなりの仕事をこなしていたらしく、回らなくなっていたのである
日に日に雰囲気が悪くなる中、俺はババアの帰ってくる場所を残したいと思った
それから俺はババアが帰ってくるまで、時間を気にせず働いた
俺に感化されて何人かが手伝ってくれるようになり、ババアがいない1ヶ月半どうにか乗り切ったのである
43: :2015/12/02(水) 00:28:32.99 ID:
>>41
すまん、まだ2年
44: :2015/12/02(水) 00:29:13.86 ID:
すまん寝るわ
眠くなってしまった
のこってたら明日よるかくわ
45: :2015/12/02(水) 00:29:55.97 ID:
こういうのは書き溜めなきゃだめなんだな
反省するわ
本当にごめん
46: :2015/12/02(水) 00:37:24.05 ID:
期待してるで
48: :2015/12/02(水) 00:53:46.89 ID:
おばが医者だったけど、医者になるならこんなんささっと書けよ
49: :2015/12/02(水) 01:02:04.44 ID:
国立医学部には何歳で入学したん?
54: :2015/12/02(水) 21:13:06.98 ID:
はよ
55: :2015/12/02(水) 23:12:56.80 ID:
俺はお見舞いに行こうか迷っていた
もちろん病院も知っていたが、どんな感じで会いに行けばいいかわからなかった
たかが同じ職場で一年一緒くらいのやつがお見舞い?
まず、第一声はなんて言えばいいんだ?
家族がいたらどうするんだ?
いろいろ考えたが、お見舞い行っても気持ち悪いという結論にいたった
俺は一ヶ月半の間ババァに会えなくなった
56: :2015/12/02(水) 23:13:57.59 ID:
一ヶ月半ぶりにババァにあった時は嬉しかったが、なんかわからないけどそっけない態度を取ってしまった
今思えば、よくある好きな子に素直になれないやつだ
若い可愛い子にやるならまだしも、40のババァに俺は一体なにをやっているんだ、普通にしようと思えば思うほどぎこちなくなっていった
そしてババァとギクシャクし始めたこと、妙な噂が流れた
57: :2015/12/02(水) 23:19:03.23 ID:
一年も経ち、若さのおかげか仕事のスピードと正確性では俺は職場一だった
そのせいか俺がババァのポジションを狙っているという噂だ
どこにもくだらん噂を流すやつがいる
ほとんど女の職場だ
噂が回るのも早かった
当たり前だが、俺はそんなポジションに興味もない
58: :2015/12/02(水) 23:23:19.63 ID:
腰掛け程度にしか考えていないのにそんなことあるわけがない
ババァのために俺はやっただけなのに

俺は、そんな職場に嫌気がさし、辞めようかと考えた
噂話をするやつもそれを信じるやつも大嫌いだ
59: :2015/12/02(水) 23:26:41.55 ID:
俺はその日の仕事終わり、事務所でババァと二人きりになったので伝えた

来月でやめようかなぁって思ってます

ババァは驚いた顔をしたが、 今日仕事終わりご飯いこうかと言った
その顔は俺の好きな笑顔だった
60: :2015/12/02(水) 23:31:11.59 ID:
普段から冗談でご飯に誘われることはあったが、今回はババァが本気で誘っていることが分かったので、俺はババァとご飯に行くことにした
61: :2015/12/02(水) 23:32:02.05 ID:
続けたまえ
62: :2015/12/02(水) 23:48:52.00 ID:
ババァが先に口を開いた
ババァ 噂のせい?
俺 あーそれもありますが、それだけではないです
ババァ 噂のことなら
主任から俺君が休みのときに全員に注意するみたいだから、大丈夫だよ?
俺 あーそうですか、なんか迷惑かけました
ババァ うん、あと最近そっけないのは、、なんで?
63: :2015/12/03(木) 00:03:40.25 ID:
はよおおおお
65: :2015/12/03(木) 01:26:53.99 ID:
そっけないのはなんでぇぇぇ
68: :2015/12/03(木) 08:06:48.66 ID:
続きはよ


引用元:
関連記事

2015/12/03 08:46 | 未分類  TOP

 | ブログトップ | 

ページトップ

-セゾンカード-アフィリエイトasp比較-▼SEO対策無料-キャッシング-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。